着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 黒留袖の仕立て

既婚女性の第一礼装に用いられます。五つ紋の染め抜きで日向紋が入り、裾に御目出度い吉祥文様の絵柄が描かれてあり、以前は留袖の下に白羽二重を重ねて、着用していましたが、最近では略され、衿、袖口、振り、裾、衽だけを2枚重ねに仕立てた比翼仕立てが多くなりました。
若い方は少し柄大き目で華やかな感じの柄付けを進めますが、着用する年齢が50代後半くらいになってくるともう少し落ち着いた柄で縦に大きな柄は好まなくなります。
今回は着用される方が、小柄な方だということで柄を少し下げて仕立てています。着用時に柄が切れてしまうと見た目があまり良くないので全体のバランスを考えて仕立て上げました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25