着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 和服の凄いところ!

お洒落着に良く見られる文様です。縞【シマ】と言います。単純に線が並行しているだけなのに、線の太さや細さを使い、様々な変化を着物で表現します。今回の縞文様は鰹縞と呼ばれている文様です。鰹の体色が背からお腹にかけて、だんだんと薄くなっていくように、濃い色から薄い色へと変化をつけた縞のことをいいます。鰹ぼかしとも呼ばれています。
柄合わせは縞の濃い部分が深みのある菖蒲色、この色が着用した時に目立つように追い裁ちにしました。仕立ての注意点はお客様のご希望が現在、身長153センチ(4尺2寸)です。後々に身長168センチ(4尺5寸)の寸法に仕立て直しが出来るように工夫して仕立てて欲しいとの注文です。身頃はもちろんですが、身揚げとして寸法を残します。衽丈ですが身頃の揚げの位置に衽にも揚げをして丈を残し、衿も衿先で縫い込みます。すべて、身長168センチの寸法を基準にして裁ち合わす事が必要になります。こんな事が出来るのが私どもの持ち味です。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25