着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 浴衣

もともとは湯上がりに着ていた『ゆかたびら』が浴衣の語源です。梅雨明けからお盆の頃まで着用出来ます。浴衣は下に着る物や帯の結び方、着付けも簡単です。
素材は綿が多く、洗濯出来るので、気軽に着用出来ます。仕立ては洗濯しても型崩れしない様に伊藤和裁では要所、要所で丁寧に縫い代も始末も丈夫に仕立てます。
今回の浴衣は大胆な柄なので、柄の配置が難しく、気を付けたのは渦の絵柄が重ならないように仕立てています。ヘラ付けは普通の着物と同じです。縫いは木綿仕立てにしています。背縫いは2本縫い、脇、袖、衽の縫いは耳ぐけ、衿下と裾は3つ折りぐけにしています。衿は着用し易い様にバチ衿です。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25