着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 古典柄の振袖

ピンク色が可愛い、金彩をあしらった柄は古典柄の振袖です。可愛い色合いながらも、松竹梅、桜文様などを描き、箔を使って高級感を出しています。総柄の振袖です。仕立ては背・衽・脇・袖付けで柄がつながり、その上、掛け衿も上前、下前身頃からの流れにそって綺麗に縫い上げています。ただ、地衿と衿先辺りは、衽の柄とずらしています。柄を合わせる為には、地衿を掛け衿の中でつまみますが、厚みで胸元がスッキリしません。なので今回はつまんでいません。標準的な体型の方なので、身頃のヘラ付けは基本通りにしました。袖丈は、着用時のバランスを考え、身長より割り出します。袖の丸みも3分くらいと大きくしています。袖付けは5寸から5寸5分にして、肩巾が広いので抱き巾が広くならない様に 気を配り仕立て上げました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25