着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 5つ紋黒裾模様留袖

黒留袖比翼付きの仕立てをしました。この着物は既婚女性の第一礼装です。結婚式に新郎新婦の母親、仲人の夫人、親族の既婚女性が着られます。黒留袖は、背、左右両方の外側の袖、後は両胸の5か所に家紋を入れます。今回の紋名は『蔓柏(つるかしわ)』といいます。3枚の柏の葉の間からから、柏の蔓が伸びています。それを平面的にデザインされた紋です。着物の絵柄は【几帳に花扇】の裾模様の留袖。主に、吉兆文様と呼ばれる模様で描かれています。本来、留袖は白羽二重の下着をつけて着ますが、今は留袖を着やすくする為に衿や裾だけを2枚重ねたように仕立てる比翼仕立てが主流です。この着物も部分比翼仕立てをしておりますし、この裾模様を上前衽から下前衽にかけて、柄合わせをして仕立て上げております。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25