着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

着物 仕立て事例

着物仕立て着物仕立て事例一覧

お仕立て事例 - 枝垂れ桜柄訪問着

枝垂れ桜の訪問着を仕立てました。
仕立てる寸法はお客様の身長・ヒップ・腕の長さから割り出しましたが標準寸法でしたので、仕立て直しの様に仕立てを工夫するところは今回はありませんでした。
このお客様は伊達衿を衿比翼の様に全部付けて仕立ててほしいとの注文も入っておりました。この訪問着の特長は柄付けが、右後身頃の肩にひとつ柄があります。それから左の後身頃の肩にも枝垂れ桜の柄が右脇に向かって垂れて、その続きで左の前身頃まで、柄が引き続き、柄のおしまいは掛け衿下まで続いているのが特徴だと思います。それと二色のぼかし柄付けも、左後身頃の肩から、背中心を通り、右後身頃の裾に向かって描かれ、それがさらに右前身頃からおくみの先まで続いて一つの柄となっております。もちろん、右の下前オクミのぼかし柄も身頃の裾に向かってぼかし柄が続いています。右下前オクミ、そのほかすべてにキッチリと柄合わせをして仕立てております。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25