着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

型染め女物袷羽織の仕立て

今回の表布は、羽尺地を使いました。当たり前ですが、時々、着尺地を使って羽織を仕立てるお客様がおられます。羽織の裏地はすべりが良く、軽いものが良いです。袷羽織の形 表布と裾から裏に続けて折り返し、前身頃の裾には前下がりを付けます。袖口布は表地を使い、ふきを出さず毛抜き合わせにします。前身頃と後身頃の間にマチがついています。衿は裾までつき、衿肩回りで二つ折りにし て、前を打ち合わせずに着ます。
柄合わせは布の柄の雰囲気や流れを壊さずに、又、袖、身頃、衿の柄が揃わない様に動きを持たせ、全体のバランスを見て、慎重に裁ち合わせます。柄合わせによって、スッキリしたり、そうではなかったりするので、そのあたりは大変、気を使います。お仕立てをお受けしたら、綺麗な柄合わせ、綺麗な 仕立て、綺麗な着姿になるように心がけております。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25