着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

袷羽織の仕立て

羽織を美しく着用するには、着物と羽織の色、柄のバランスを考えましょう。無地の着物に柄の羽織、縞の着物に小紋柄の羽織など、反対調子を組み合わせます。色は反対色の組み合わせと同系色の濃淡の組み合わせが羽織、着物の組み合わせの良いバランスです。羽織り丈は流行があることも憶えておいてください。
基本の羽織の仕立てる手順は袖を縫い、次に身頃の後胴ハギ、前胴ハギ、前下り、背縫い、マチのハギ、後マチ付け、前マチ付け、背とじ、マチ上と身八つ口の縫い、マチの中とじ、袖付、衿、肩、衿付回りの中とじ、衿付けで出来上がりです。衿付けの注意点は羽織のポイントは衿の返り具合です。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25