着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

着尺地で羽織を仕立てる

共八掛け付きの着尺四丈物を羽織に仕立てる事になりました。
『吉野一兼』の縞の様に流れる緑・青・白の三色ぼかし染めの柄です。この『吉野一兼』の別の作品で、以前に男物の羽織を仕立てた事がありました。
この羽織の柄合わせは追い掛けと言う、一番シンプルな色使いなる裁ち方にして、衿は青と緑のぼかしが出る様に仕立てています。
お客様のご注文で、共八掛けの緑を肩裏と袖裏に使用しています。八掛けは無駄にならず、使いました。通常、羽織には肩ずべりと呼ばれる肩裏をつけます。これは脱ぎ着する時にスルッと絹ずれの音がする感じですが、今回は、また違った質感の着心地です。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25