着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

小紋の反物で長羽織を仕立てました。

3丈物の小紋地の反物で(通常は着物を仕立てる生地です。)丈を長くした長羽織を仕立てました。
今回の反物は絵柄の一つ一つが大きく、柄と柄との間隔が空いているので、着物の裁ちの仕方で仕立てる者の癖やセンスで羽織全体の雰囲気が変わります。
羽織の丈は長めに2尺7寸〜3尺以上が長羽織になります。着物を締める帯の位置で後巾を取り、裾で少し巾を入れます。長羽織は立ち姿が大変綺麗に写ります。長羽織の場合、羽織の紐の位置は全体のバランスを考えて、1寸ほど下げた所に付けます。
今回もうまく着こなせるお手伝いが出来たと思います。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25