着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

有松、鳴海絞りの羽織

隅立ての菱文様に絞られた羽尺です。
布丈が2尺5寸と短く、お客様の希望寸法(2尺7寸5分)どおりの羽織丈が取れない為に返りが通常の羽織丈より短く(2尺6寸5分)より短く仕立ててあります。その為に長尺用の肩裏では足りないので今回は裏地の肩裏はスベリの良い長襦袢地を使用しています。袖巾も着物寸法で9寸ですので、足し布は羽織衿の芯になるところを使い、袖付け側に足してあります。柄を合わせているので、はぎ目がほとんど見えません。羽織の衿の柄が綺麗に柄合わせが出来ています。
ふくよかなお客様でしたので、この柄を合わせるには、大変苦労して仕立てました。柄の大きさ、繰越し、衿肩明を計算し、衿が返った時に身頃の柄を合うように工夫して、仕立て上げました。綺麗に柄が合わさった見事な羽織(上段左写真)が出来上がりました。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25