着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

京紅型の長羽織

まだ一度も着ていない躾の付いた仕立て上がりの羽織を今風の長羽織に仕立て直しました。
羽織を解いて湯のしと筋消しをして仕立てました。
この生地は織り目が広く、厚みがあるので筋がきれいに消せました。
仕立てについてですが、羽織の丈を長くする為に、衿を半分にカットして、繋ぎ合わせて、芯はナイス布を使って、衿の丈を出しました。着丈がどれだけ出るか、肩裏をいっぱいに使い確認し、羽織の前下がり丈が足りないので継いだ衿の残りの縫い代を前身頃の返り代の使いました。布が不足の為、色んなところにハギを入れています。マチ布も同様に衿の縫い代を利用します。
仕上がりは背縫い代の延長で衿の継ぎがあるだけできれいに仕立て上ります。少しでもきれいな仕上がりに見えるように工夫をしております。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25