着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

羽織お仕立て事例

着物仕立て羽織仕立て事例一覧

無地っぽい着物が映える羽織

小紋の生地で羽織りを仕立てました。小紋地の柄は花の丸と言います。植物文様のひとつで、草花を円形に収めた古典植物文様です。
梅・椿・菊・水仙・桔梗・杜若(かきつばた)などあらゆる花を文様かすることができます。
色無地や無地の羽織り、無地の振袖などに刺繍紋として、背中に1つ、背中と胸に3つ、背中と胸と両袖後ろに5つと紋を入れたりします。
大変、可愛いですよ。
今回の花の丸には、菊がたくさん入ったもの、牡丹、椿、梅の枝丸、上がり藤の4つで彩られています。
地色が濃い紫に近い紺色に鮮やかな花の丸が羽織り一面に華やいでいます。
無地っぽい着物が似合う羽織りです。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25