着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

男物着物のお仕立て事例

男物着物

宮古上布の羽織と陣羽織の仕立て

着尺(一着の着物が出来る大きさ)、一反分で羽織と陣羽織を仕立てました。
素材は宮古上布です。宮古上布は沖縄県、宮古島で生産される生地と呼ばれる麻織物の一種で、一反を織るのに2か月以上かかる高級織物です。
夏物の着物に素敵ですが、今回は男性用の夏用の羽織と陣羽織の仕立ての依頼です。スッキリ見える様に横段の柄を合わせましたので、要尺がギリギリ、何度も見積りをやり直して工夫をしております。
上布は、生地の扱いが大変難しく、折やくけが曲がってしまい仕立ての技術を必要とします。

※写真をクリックすると拡大表示します。

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25