着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

男物着物のお仕立て事例

男物着物

男物紬着物と羽織の仕立て

一般的に男物上下は大島紬やウールなどで仕立てる事が多いです。大島紬は肌触りが良く、一番多く仕立てられています。ウールの上下は着物、単衣ものもありますが大島紬などの生地の薄物は着物を袷で仕立てているのが多いです。
着物の裏地で仕立てて、肩や胸辺りで裏の長さの調整をしています。羽織の裏地は額縁と呼ばれる画の様な絵柄のものを使うことが多いです。山水画、勇ましい動物画などの模様がありますが、今回の羽織の裏地は水墨画風の竹の絵柄で仕立てています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25