着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

男物着物のお仕立て事例

男物着物

男物大島紬A/S

旗印のラベルの大島紬で男物の羽織と着物の仕立てをしました。
このお客様は裄丈が長い方でしたので、布巾が1尺以上あるキングサイズの着物地を使いました。男物の袷長着は通し裏に仕立てます。着丈より長めに裁ち切り、長い分をつまみます。揚げの位置は帯を締めて隠れる位置に決めます。おはしおりをしないで仕立てます。帯は下腹から腰にかけて、後ろを高くして締めるのが普通です。なので、揚げの位置は前後に差を付けます。衿下は帯を締めて、帯下から衿が少 し出た位置が着くずれしません。
女物の羽織と違う点は袖に振りがなく、また、着物の様に人形がなく袖をつけ詰めにするので、マチの形も上部の剣先の様になっていて、袖付け止まりがありません。

※写真をクリックすると拡大表示します。

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25