着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

男物着物のお仕立て事例

男物着物

男物ウール着物

着物好きなだけど、着物を着た事のない男性が着物を着始めるのに最適なのがウール着物です。
仕立て方ですが、女性は首から衿を抜いて着物を着用する為、くり越しを付けますが、男物着物は通常はくり越しがなく、衿は棒衿(肩回りから衿 先まで同じ巾)です。お相撲さんやフクヨカな方に付けることもあります。袖は袖付けより下を男性は人形と呼びます。布巾が狭く希望袖巾が足りない時は足し布を取り、ハギ位置は表の袖付け側で、裏は袖口側でします。着物の袖丈は羽織の袖の中に着物袖がすっぽりと入る様に仕立てます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25