着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

子供用着物の仕立て・仕立て直し事例

子供用着物着物

男児用宮参り着を七五三の祝着に仕立てる

男児用紋付きの上着と下着です。上着の袖は大名袖になっている為、袖口を縫い、袖の丸みをして、長着の袖と同じにします。下着は七五三では、長襦袢として着用します。金振りが付いていれば、外し、袖口の留をして、丸みを作ります。長襦袢には半襟も付けます。先に長着と長襦袢の形を整えてから、お子様の身長に合わせて、肩揚げと腰揚げをします。今回の写真では、腰揚げをせず、紐も外しております。袴を着用されると予想できます。腰紐で身長に合わせた長さに袴を合わせた長さにすると思われます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25