着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

子供用着物の仕立て・仕立て直し事例

子供用着物着物

お祝い着の肩揚げ・腰揚げ

子供用の着物は、裄、身丈とも長く仕上げっています。着用時に身に添うように揚げをしました。
仕立て上がりの裄から、着ゆき丈を引いて、残りを揚げ寸法にします。そして、揚げ山を決め、前身頃は袖付け止まりで少しだけ脇よりにします。揚げ山を折り山にして2分の1の揚げ寸法、前身頃は揚げ止まりの位置で1センチ浅くします。二目落としで縫いますが肩山は3目落としにします。揚げは袖側に倒します。身丈から着丈を引いて、揚げ寸法を出し、揚げ山を決めます。揚げ山を折り山にして2分の1の揚げ寸法を背中心から衽付けまで同寸に衿山までは少し多く斜目に結びます。上前は揚げた前端が合う様にひだを寄せ、下前は衿山をずらし、ひだは衿の方に倒します。
紐付けの位置は身八つ止まりが紐の上にくるようにします。男児は縫い目を下向きに女児は上向きに付けます。

※写真をクリックすると拡大表示します。

 

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25