着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

子供用着物の仕立て・仕立て直し事例

子供用着物着物

最初が肝心!

新しい反物(小紋地)でお宮参りの着物を仕立てました。
本身裁ち女児四つ身初着(お宮参り)着物です。
お宮参り着は、一つ身着物で布は羽二重地・縮緬(ちりめん)地で 下着に無垢(むく)を重ねたもののことです。
リサイクル出来るように考慮し、十三詣りまで着られる様に反物一反分全部使って、四つ身仕立てにすることもあります。(本身裁ち)といいます。
四つ身友禅布や小紋地などの反物で着物を作る場合は(紋を入れられないため)背飾りをします。(長寿糸とか五色糸とも言います。)
背飾りをこの本身裁ち四つ身の背中・袖口に絹糸の色糸を二目落としで飾りました。
可愛いく見えるだけではなく、魔よけ、邪気を祓うなどの意味があります。
やはり最初が肝心ですね。
ありがとうございました。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25