着物 仕立て・仕立て直し - 伊藤和裁

子供用着物の仕立て・仕立て直し事例

子供用着物着物

お客様のお母様のアイディアです。

仕立てをしてて、いつも思うのですが、お宮参りの着物のメインの柄は、袴を穿くとメインの柄が隠れてしまいます。大変、勿体無いですね。[ 袴を穿かせた事例写真(下段右)  ]
今回のお客様は、そんなお宮参りの着物を羽織に仕立て直す事で、メインの柄を生かした事例です。
お母様の息子さんが子供のころ、七五三詣りのときに袴を穿かせたところ、着物の背中の柄が袴で隠れているに気づき、このアイデアを今回、初孫(男の子)の七五三詣りにしてみたかったそうです。
お宮参りの着物を羽織に仕立て直してほしいと依頼を受けました。
なかなか良いアイディアなのかも知れませんね。
せっかくの素晴らしい柄(メインの柄)が、袴(ハカマ)や羽織で隠れてしまうのは大変残念です。お宮参りの着物を解いて、湯のしをして、羽織に仕立て、肩揚げをしました。(家紋名は丸に剣片喰です。)
お母様の思いが叶い、大変、喜んで頂けました。

 

※写真をクリックすると拡大表示します。

←前の事例次の事例→

 

日本全国対応できます。お気軽にお問合わせ下さい。
仕立て、仕立て直し、染め、彩色、補正、紋入れ、染み抜き、クリーニングなど、きもの・和服のことならお気軽にお問合わせ下さい。

フリーダイヤル:0120-0294-51

株式会社 伊藤和裁
〒555-0022 大阪市西淀川区柏里2-9-25